M1、M2対応!CitraをMacで遊ぼう!

PR広告を含みます

今回は、M1、M2(Apple silicon)を搭載したMacOSでCitraで遊ぶ方法とオススメの設定を紹介します

ROMの取り扱いには十分注意してください。
自分で吸い出したROMだけにとどめるようにしてください。

目次

Citraのインストール

まずは、Citraの公式サイトからインストーラーをダウンロードします。

ダウンロードが完了したら開いてインストールしてください。


稀に以下のようなエラーが出ます。


このエラーが表示された場合は、設定の変更が必要です。

設定のプライバシーとセキュリティに移動します。
使用がブロックされました。の下にある”このまま開く”を選択します。

以下の画面が表示されインストールできます。

CIAのインストール

CIAをインストールするには、画面上部のファイルからCIAファイルを開きます。
複数選択出来ますのでSDにあるCIAを全部まとめてインストールする事も出来ます。

インストールが完了すると起動画面にゲームが表示されます・

変更が必要な設定(Citra)

続いて、Citraの設定を変更します。

  • API変更(ほぼ必須)
  • レンダラの解像度変更

Citraをクリックした中にperformanceがありますのでクリック

グラフィックに進み、高度からAPIをValukanに変更します。

続いて、レンダラの設定を変更します。


画質を強化する機能です。基本的にどのソフトでも機能します。
安定性を求める場合やめておいた方がいいかもしれません。


画面レイアウトの変更もオススメです。


Side by sideが一番使いやすそう。その辺は好みで設定してください。

以上です。他にも色々と設定がありますが、好みやゲームに合わせてその都度変更してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次