システム調整中です。ページが上手く表示されない場合は再読み込みしてください。

なぜ、ここまでHUAWEI沼にどっぷり浸かったのかを思い出してみた件

PR広告を含みます

たまには個人的な話でも。
ガジェットオタクの皆様はそれぞれ思想というか、信仰レベルに到達しているメーカーがあると思うのです、Twitterでいつも仲良くしてもらっている方は、ご存知の通り
私はゴリゴリのHUAWEI信者です()

俺はHUAWEIしか認めねぇぇ((((とか思ってるかもしれません。

今回は、なんでHUAWEI沼に沈んだのかを書いていければなと思っております()
1ミリも役に立たない記事ですが、㍂と思ってもらえらばなと思います()

目次

全ての始まり

全ての始まりはこのCMです、当時結構テレビで放送されてましたよね。
TVCMはこれが最初で最後だったような。。

当時私はスマホを持っていなかったので、これをみて欲しすぎる!!とか思ってましたね。

こんにちは、HUAWEI P20 lite

ついにスマホを買う時がやってきました。
この時買ったのはpixel3a。
SoftBank電気に切り替えで3ヶ月電気代無料や本体2万円OFFといった
実質無料以上のメリットがあったのでP30系ではなくこちらを購入。

ところがどっこい。
ファミリーリンクをもれなく設定され、おまけにそれが原因なのかは不明ですがバグり散らかす恐ろしいスマホになりサブスマホが欲しくなってきます。。。

HUAWEI P20 liteがメルカリで5000円くらいで売っていたので購入()
当時は破格だったと思います。

爆速指紋認証、独自機能などなど便利すぎだろ!とか思ってた記憶が、、
Liteなんで暗所は弱いですが、それなりに明るい場所ではそこそこ綺麗に撮れた端末だと思っています。

HUAWEI P40 lite 5G

続いて、やってきたのはHUAWEI P40 lite 5G。
ちなみにGMSはありません。どうせならPro買えばいいのにと今なら思いますが、当時お金がなかったので、これにした記憶がありますね()


これも写真が結構強くていいスマホだったなと思います。
5Gが普及し始めた頃のスマホで、当時はまだ5G対応スマホが今ほど多くはありませんでしが
これは当たり前のように対応してました。


40wの急速充電にも対応してましたし、、GMSさえあれば完璧なミドルスマホだったはずです。


今ではEMUI12が提供されHUAWEIのエコシステムを加速させてくれる端末です。

P40

ついに国内未発売機種に手を出し始めました。
なんかもう、作例紹介みたいになってますね。

P50 Pro

ここまで読んでくれている方っているんですかね。
まぁいいや。半月前くらいにここまで書いたのですが今また書き始めました。
同じような下書きがまだまだあります()

このP50 Proは中国版でKirinモデルです。やっぱHUAWEI信者としてKirin版は欲しいじゃないですか。

あわせて読みたい
HUAWEI P50 Proレビュー ついに、P50 proを購入してしましましたので、レビューを数回に分けて行っていこうかなと思います。今回は本体について書いていき、そのうち作例とかも紹介出来ればなと...

P50 Proの作例とかはこちらからどうぞ!

さいごに

うーんなんで信者してるか結局よくわからないですね。
まぁUIとかカメラの映り方が好きなのかな、、?

あと、アフターサポートがすごくしっかりしてるんですよね、古い端末にもセキュリティパッチを配布したりHarmonyOSを提供してくれる上、カスタマーセンターの方も丁寧です。

これからも、HUAWEIを推して行きたいなと思っております。



よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次