システム調整中です。一部のページが利用できない場合があります。エラー発生時は時間をおいてお試しください。

Jal card naviを発行してみた話[審査基準は?審査までどれくらいかかる?]

PR広告を含みます

先日リニューアルした、Jalカードシリーズ。
JALカードには一般向け、ゴールド、プラチナなど様々な物に加え学生向けカードのNaviも展開されえています。今回はNaviを発行してみたので、審査難易度や発行までの期間などを記していきます。

まぁこの記事をお読みの方はJALカードの特徴をご存知だと思うのであれこれ詳しい事を書きませんので
ここでは審査の難易度やデザインについて触れていきたいと思います。

目次

めっちゃお得なJALカードNavi

特徴は書かないです。とか言っておきながらいきなり特徴書いてますが
なんか思ったよりも短くなってしまったので特徴も書いておきます。

Like
  • 年会費無料
  • 還元率がJALショッピングマイル・プレミアム*と同等
    (*オプションで、本来なら年会費と別途課金する必要があります)
  • JAL特約店ならさらにポイント還元!
  • JAL国内線が50%マイルで交換可能
    -JALではマイルで航空券を購入可能です。Navi会員は値段表のマイルの半額で搭乗出来ます
  • 卒業で2,000マイル貰える!
  • Google,Apple Payに対応
  • Master,VISA,JCBから選べるカードブランド

こんな感じでお得が盛りだくさんなカードです。
もらえるポイントがマイルですので少しのポイントを気軽に利用という使い方は出来ませんが
飛行機に半額のマイル数で搭乗可能という点はJALカードならではの強みだと言えますね。

搭乗券の他にも、Amazonギフト券などに交換可能ですので飛行機にはあまり乗らない、思ったより余ったという場合にも消費出来ますね。

JAL特約店一覧表

JAL特約店は増減しています。最新の特約店は公式HPを確認してみてください。

JALカード特約店
JALカード特約店 - JALマイレージパーク JALカードを使うだけで通常の2倍マイルがたまるお店。物販、飲食店、宿泊施設、ゴルフ場、オンラインショップなど、日常のさまざまなシーンでご利用いただけます。

JALカード navi割引-値段表

https://www.jal.co.jp/jp/ja/jalmile/use/jal/domestic-award/navi-discounts/

キャンペーン-国際線

https://www.jal.co.jp/jp/ja/121campaign/navi_mile/inter/

注意点

  • 学生の間しか持てない
  • 卒業後は自動移行

以上の点に注意が必要です。


学生専用と名前にもあり通り学生期間中しか利用できないカードです。
また卒業後は自動的に普通カードに切り替わります。

注意

普通カードの切り替わると年間費が発生するようになります。
先述した、ショッピングマイルプレミアムとツアーマイルプレミアムの年会費を支払わないと利用できなくなります。

なお、初年度は切り替え特典として2,000マイル貰えます。
普通カードの年会費は2,200円ですので最初の1年は実質年間費は無料という考え方も出来ますね。

入会審査の難易度について

クレカなので審査があります。審査の際の質問は特に特色があるものではなく
バイトをしているか?家は持ち家か?親と暮らしているか?などいったごく普通の物です。

バイトをしているを選択すると、バイト先の連絡先を求められるカードもあるようですが
このカードは不要でした。

審査はどうやら手動のようで、審査に移るまで少し時間がかかりました。
申し込みから審査完了までおおよそ3日ほど。

(デザインが変わってからすぐ申し込みを行ったので、混雑していたのかもしれません。)

後日、特に追加の確認事項があるわけでもなく、入会完了メールが届いていました。

発送まで

審査に合格したら、カードが発送されます。簡易書留で発送されます。
簡易書留の為受け取りは手渡しです。
また追跡は利用出来ますが、時間指定は出来ません。(再配達依頼の場合は、時間指定が利用できます)

先述した、審査にも時間がかかりますが、発送にも1週間ほど時間がかかりました。
公式サイトにも時間がかかるとの記載があったので、旅行などに使う場合は余裕を持って申し込みを行うのがオススメです。

まとめ

還元率、優待ともに強力な1枚だといえるカードです。
メインカードにしても差し支えないくらいお得かなといったJAL Navi。
在籍中にマイルを貯めて卒業旅行でお得に楽しむというのも面白いかもしれませんね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次